包茎治療はデリケート!?痛みを少なく術後を過ごすには

幾ら技術が進歩しても多かれ少なかれ痛みは出るもの

最新鋭のレーザー手術をはじめ、包茎手術の技術は大きく進歩しました。その一つの方向性は手術のスピード化。手術に掛ける時間を更に短縮する事によって患者の負担を減らす効果がありました。もう一つは麻酔法の技術進歩や手術そのものの技術向上により患者が被る痛みを大きく軽減する事が出来たという点でしょう。これらの進歩により包茎治療は大変楽なものとなりましたが、デリケートなペニスの包皮を広範囲に切除する事には変わりなく、個人差にもよりますが大なり小なり術後の痛みは発生する事でしょう。

術後の安静と鎮痛剤の服用を忘れずに

包茎手術後は縫合した部位が安定するまで出来るだけ患部を安静に努める他、処方された鎮痛剤は指定された期間中必ず服用し、術後の余計な痛みが発生しない様務める事も大事となるでしょう。縫合した傷口が定着し安定化すればだいたい10日弱で抜糸が可能となるケースが多く、その期間を過ぎれば痛みの心配も殆どありません。また更に1週間程何事もなく経過すればオナニーやセックスもこれまで通り可能となります。また沈痛や雑菌侵入を防ぐ為にも術後数日間はシャワーの水を当てないといった心掛けも必要です。

突然の痛みといったトラブルに備えて

順調に経過した術後の回復期でも、突然患部の痛みや痒みに見舞われるケースというのは少ないながらもあるものです。そのため術後はまめに鎮痛剤を飲む訳ですが、それでも我慢出来ない場合は包茎手術を行った病院に再度通院する必要も出てくるでしょう。こうしたリスクに備えるべく、手術を受ける病院はアフターサービスが充実し、また評価も高い病院に決めるのが最善なのです。こうした痛みはいつ発生するか分かりませんから、出来れば土日も診療に対応可能な病院を選ぶのが良いでしょう。

包茎手術には切らずに手術する方法と環状切開術という方法があり、入院せずにその日のうちに家に帰ることができます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。